男女

キッズモデルを目指すならエントリーから始めよう

場数を踏んで慣れる

レコーディング

日本では年間200本を超えるアニメが放送されています。ゲームや、アニメ声優としての仕事も現在は多くなっているといえます。しかし、仕事が増えても、その仕事にありつけるかがわからないのが声優の道です。声優という職業が注目されることで、志望者は多くいます。そのため、声優になるには、デビューするにも、仕事をもらうにもオーディションがつきものなのです。常に試される職業であり、さらにそのオーディションでは、大御所、無名、人気新人などがエントリーしてきます。ライト級もミドル級もないのです。声優のオーディションで勝ち残るには、自己アピールと演技力が重要なポイントになります。オーディション慣れしていないと実力を発揮することもできない場合もあるでしょう。成功するには、デビューするためのオーディションから、いくつも受けて慣れる必要があります。人前で演じることに慣れ、オーディションでフルの実力を常に発揮できるようにしておきましょう。声優になるための場合は、声優の養成所、タレント事務所、劇団などのオーディションをまず受けることが必要です。昨今ではネットオーディションを行なっているサイトもあるので、そうしたところをチェックしてみても良いでしょう。しかし実際に人の視線がある場所で声を出して演じられるのか、自分を試すことも必要です。デビュー後に人前に立てないという予想外のトラブルに遭遇しないためにも、まずは直接のオーディションにエントリーしてみましょう。